Copyright ©2018Impress Corporation. ウインタブ Hothotレビュー. ゲーミングPC感は抑えつつ、しれっとハイパフォーマンス。 能ある鷹は爪を隠す、的なガジェットって良いと思うんです。たとえばフォルクスワーゲンのフェート … 2分間のレビュー ¿3Ï¢¥Õ¥¡¥óÅëºÜ¥â¥Ç¥ë¤È¥«¡¼¥ÉĹ232mm¤Î2Ï¢¥Õ¥¡¥óÅëºÜ¥â¥Ç¥ë¤òÍÑ°Õ, MSI¡¤ÂоݤΥ²¡¼¥Þ¡¼¸þ¤±¥Î¡¼¥ÈPC¹ØÆþ¤Ç¥ª¥ê¥¸¥Ê¥ë¥Ð¥Ã¥¯¥Ñ¥Ã¥¯¤¬Ì㤨¤ë¥­¥ã¥ó¥Ú¡¼¥ó, ËÝÌõ¤Ï¥º¥¿¥Ü¥í¤À¤¬¡¢»ß¤á¤é¤ì¤Ê¤¤ÌÌÇò¤µ¤¬¤¢¤ë. GS66 Stealth(型番:GS66-10SGS-020JP) メーカー:MSI 問い合わせ先:mailto:supportjp@msi.com 実勢価格:40万円前後(※2020年5月23日現在) NTT-X、レノボのChromebookを3万円切り。2in1モデルは9,900円引き中, 【レビュー】4種類のダイバリエーションがある「GeForce GTX 1650」の違いを検証, Witcher 3がヌルヌル動くゲーミングUMPC「GPD WIN 3」のさらなる詳細が明らかに, Tiger Lake版モバイルゲーミングノート「Razer Blade Stealth 13」が国内販売, エムエスアイコンピュータージャパンは、薄型軽量筐体の本格ゲーミングノートPC新モデル「GS66 Stealth」を発売した。本格ゲーミングノートPCながら薄型軽量筐体を実現するという従来モデルの特徴を受け継ぎつつ、スペックを強化し魅力が向上している。, 今回、GS66 Stealthの最上位モデルとなる「GS66 Stealth GS66-10SGS-020JP」を試用する機会を得たので、ハード面を中心に紹介する。すでに発売中で、実売価格は377,800円前後。, 「GS66 Stealth GS66-10SGS-020JP」(以下、10SGS-020JP)は、従来モデルとなるGS65 Stealthから筐体デザインを一新。従来モデルも、本格ゲーミングノートPCとしては比較的シンプルで落ち着いた印象のデザインだったが、10SGS-020JPはよりシンプルさが突き詰められている。, 従来モデルでは、天板やタッチパッドの周囲などにゴールドのラインを配置したり、MSIのシンボルでもある天板のドラゴンエンブレムもオレンジでしっかり目立つように色づけされていた。しかし10SGS-020JPではそういった目立つ装飾が完全に省かれ、筐体はブラック一色となっている。天板のドラゴンエンブレムもブラックで、ぱっと見ではゲーミングPCとは思えないようなシャープで落ち着いた印象のデザインとなっている。, もちろん、ゲーミングPCだからといって奇抜なデザインや派手な装飾が絶対に必要というわけではない。実際には、そういった奇抜なデザインや派手な装飾が不要と考えるユーザーも少なくないはずで、10SGS-020JPの落ち着いたデザインはかなり魅力となりそうだ。また、ゲーミングPCクラスの高性能PCを使いたいクリエイターにとっても、手にしやすいと感じるはずだ。, サイズは、358.3×248×19.8mm(幅×奥行き×高さ)と、15.6型ゲーミングノートPCとしてはなかなかのコンパクト筐体となっている。ディスプレイが狭額縁仕様となっている点がフットプリントの小型化に貢献し、筐体が2cm切りという点もなかなかいい感じだ。, 数字だけ見るとイマドキのコンパクトさ追求ノートPCと大きく変わらないと感じるかもしれないが、CPUにCore i9-10980HK、ディスクリートGPUにGeForce RTX 2080 Super with Max-Q designを搭載と、ゲーミングノートPCとして現役最強クラスのスペックを搭載していることを考えると、驚異的なコンパクトさと言っていいだろう。, 重量は公称で約2.1kg、実測では2,178gだった。重量的には15.6型ノートPCとして特別軽いとは感じないかもしれないが、こちらもスペックを考えると十分に軽いと言える。, 10SGS-020JPはGS66 Stealthの最上位モデルだが、スペックは非常に充実している。, CPUは先ほど紹介したようにCPUはCore i9-10980HK、ディスクリートGPUはGeForce RTX 2080 Super with Max-Q designをそれぞれ採用している。CPUはモバイル向け第10世代Coreプロセッサーの最上位、ディスクリートGPUもモバイル向けGeForce RTXシリーズ最上位であり、デスクトップ向けCPUやGPU採用モデルを除いてゲーミングノートPCとして現役最強スペックとなっている。, この最強CPUとディスクリートGPUを小型軽量筐体に搭載するということで気になるのが冷却性だが、その点も抜かりがない。10SGS-020JPでは7本のヒートパイプと3基の空冷ファンを組み合わせた冷却システム「Cooler Boost Trinity+」を採用。空冷ファンは厚さ0.1mmのファンブレードを採用することで従来モデルと比べてエアフローが15%向上しているとのこと。, そして、底面に多数のパンチホールを備える吸気口を用意するとともに、左右側面および背面から排気するというエアフローによって最強CPUとディスクリートGPUを強力に冷却するようになっている。これによって高性能CPUとGPUも安定して動作可能というわけだ。, CPUやGPUだけでなくそのほかのスペックも充実。メモリは標準で32GB(16GB×2)、内蔵ストレージは容量1TBのPCIe/NVMe SSDと、どちらもハイエンドゲーミングノートPCとして十分満足できるものとなっている。なお、本体内にはSSD用のM.2スロットが2本用意されており、もう1台SSDを搭載可能だが、ユーザーによるSSDの増設は残念ながら行なえない。, ネットワークは、2.5Gbps LAN(2.5GBASE-T)対応のKiller Ethernet E3100と、IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)準拠無線LANのKiller Wi-Fi 6 AX1650iをそれぞれ搭載。有線LAN、無線LANともにKillerブランドという点はゲーミングPCとして安心できる部分だ。また、有線LANと無線LANを同時に利用するチーミング機能「Killer Double Shot Pro」もサポート。ゲームの通信は有線LAN、その他の通信は無線LANで接続するといった利用が可能となっている。, もちろん有線LAN、無線LANとも速度はギガビット超えとなっており、大容量データを扱う場面でも短時間での転送が可能なため、クリエイティブ用途やビジネス用途に活用する場面でも大いに活躍してくれるはずだ。, ディスプレイは、フルHD(1,920×1,080ドット)表示対応の15.6型液晶を採用。パネルの種類は非公開ながらIPSレベルとしてしており、視野角は十分な広さが確保されているとともに、視点を大きく移動させても明るさや色合いの変化はほとんど感じられない。ディスプレイ表面は非光沢処理となっているため、外光の映り込みは少なく、ゲームプレイ中に外光の映り込みが気になることはほとんどない。もちろんこれは、10SGS-020JPをゲーム以外の用途に利用する場合でも快適な利用に繋がることになる。, ここまでは、ゲーミングノートPCに搭載される15.6型フルHD液晶として標準的だが、10SGS-020JPはリフレッシュレートが最大300Hzと高速駆動に対応しているという部分が大きな特徴となっている。ゲームの映像も高リフレッシュレートで非常に滑らかに表示できるため、快適なゲームプレイが可能となる。リフレッシュレートが高いほどFPSゲームなどのターゲッティング精度が高まるという報告もあり、プロレベルのゲーマーにとっても大きな魅力となるはずだ。, このほか、独自ユーティリティ「MSI Dragon Center」の「True Color」または同じく独自ユーティリティ「True Color」を利用して、用途に応じた表示モードの変更が可能。用意されている表示モードは、Gamer、Anti Blue、sRGB、Designer、Office、Movieの6種類。こういった機能を用意しているということからも、GS66 Stealthが単にゲーミング用途のみをターゲットとしているわけではない、ということがわかるだろう。, また、ゲーミングノートPCとしては珍しく、ディスプレイがほぼ180度まで開く点も特徴の1つだ。これは、ビジネス用途などで便利に活用できるはずだ。, ゲーミングPCにとってキーボードも重要なデバイスの1つだ。GS66 Stealthでは、デンマークのゲーミングデバイスメーカー「SteelSeries」と共同開発したゲーミングキーボードを採用している。, 仕様としてはキーの間隔が開いたいわゆるアイソレーションタイプで、配列は日本語となっている。主要キーのキーピッチは約19mmフルピッチを確保。ストロークは1mm程度とやや浅めの印象。, ただ、ちょうどいい堅さとしっかりとしたクリック感や、キーの中心からやや外れた場所でもしっかりタイピングできるため、ゲームプレイで不満を感じることはなさそうだ。ゲーミングPC用キーボードらしく、FとJだけでなくWキーにも突起が用意され、ポジションをしっかり把握できるよう配慮されている点も嬉しい部分だ。, ゲーム以外の用途で活用することを考えた場合には、Enterキー付近やスペースキー左右などの一部キーが間隔なく配置されている点や、Enterキー右にもキーを配置している点がやや残念に感じる。MSI製ノートPCのキーボードでよく見られるが、英語配列のキーボードをベースに日本語化していることが大きな原因で、この点はもう少し配慮してもらいたいと感じる。, なお、キーボードにはキーごとに発色をコントロールできるPer Key RGBバックライトを搭載している。バックライトの発色は、独自ユーティリティ「SteelSeries Engine 3」を利用して細かく設定できる。標準で用意されているプリセットの発光パターンを選択して利用したり、発色や発光パターンをキー単位にカスタマイズできるため、好みの発色・発光パターンを設定して派手に運用することも可能。もちろんまったく発光させない設定も行なえるので、ビジネスシーンでの利用も安心だ。, ポインティングデバイスは、クリックボタン一体型のタッチパッドを搭載。ゲームプレイ時にはタッチパッドを利用することはほとんどないと思われるため、あまり仕様は気にしなくてもいいとは思うが、十分な広さの面積があり、一般的なノートPC同様にジェスチャー操作にも対応しているため、ウィンドウ操作などでは申し分なく利用可能だ。もちろんタッチパッドの動作は簡単にオフにできるため、ゲーム中の誤動作も心配無用だ。, 側面ポート類は、ディスプレイが約180度開くこともあって、左右側面に配置している。左側面には電源コネクタとThunderbolt 3、HDMI、USB 3.2 Gen2 Type-Aを、右側面にはオーディオジャック、USB 3.2 Gen2準拠USB Type-C、USB 3.2 Gen2 Type-A×2、有線LANの各ポートをそれぞれ用意している。, 2ポート用意されているUSB Type-Cのうち、左側面のThunderbolt 3はUSB PDに対応しており、内蔵バッテリーの充電など給電が行なえるという。実際に、手持ちの出力最大100Wと65WのUSB PD対応ACアダプタを利用して試してみたところ、いずれも給電が行なえることを確認した。, ただ、それ以下の出力のUSB PD対応ACアダプタでは給電を確認できなかった。MSIはUSB PDのみでシステムを動作させるには65W以上の給電が必要としており、これは正常な挙動と言っていいだろう。, なお、出力100WのUSB PD対応ACアダプタを利用したとしても、CPUやGPUを満足に動作させるには出力不足となる。MSIもCPUとGPUの性能を最大限引き出すには付属ACアダプタの利用が必須としており、USB PD対応ACアダプタを利用した給電は緊急時の給電やバッテリー充電に活用する程度と考えたほうがいいだろう。, 付属ACアダプタは出力が230Wと大きいためサイズも比較的大きく、重量も付属電源ケーブル込みで898.5gだった。, このほかには、ディスプレイ上部にWindows Hello対応の顔認証カメラを搭載する。生体認証機能を標準で搭載する点は、ゲーム以外の用途に活用する場面でもアドバンテージとなるだろう。Webカメラとしては92万画素カメラとして活用できる。, OSは、Windows 10 Pro 64bitを採用。ゲーミングPCではWindows 10 Homeの採用例が多いが、10SGS-020JPでは標準でWindows 10 Pro採用ということで、ゲーム以外の用途にも柔軟に対応可能と言える。, では、ベンチマークテストの結果を紹介しよう。今回利用したベンチマークソフトは、UL LLCの「PCMark 10 v2.1.2177」、「3DMark Professional Edition v2.12.6964」、Maxonの「CINEBENCH R20.060」、スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」の4種類だ。, また、10SGS-020JPではユーティリティ「Dragon Center」でCPUやGPU、冷却システムの動作モードを設定できるようになっている。今回のテストではその中から、最も優れた性能を引き出せる「Extreme Performance」に設定して行なっている。なお、このExtreme Performanceでは詳細設定でCPUとGPUのオーバークロック動作も設定可能となっているが、今回はオーバークロックには設定せずにテストを行なっている。結果は以下にまとめたとおりだ。, 各結果を見ると、さすがハイエンドゲーミングノートPCらしく、いずれのテストも非常に優れたスコアが得られていることがわかる。, 今回はCPUやGPUのオーバークロックは試さなかったが、CPUのCore i9-10980HKは倍率ロックフリーとなっているため、多少の安定動作を犠牲にしても性能が欲しい時などはオーバークロック設定でさらなる性能強化も目指せるため、性能重視のノートPCとして魅力はかなり大きいと言える。300Hz駆動のディスプレイと合わせて最新ゲームを快適にプレイできるのはもちろん、動画編集などのクリエイティブ作業も非常に快適にこなせるはずだ。, ベンチマークテスト実行中の冷却システムの動作音だが、ファンの動作音と排気口からの風切り音双方がしっかりと耳に届く印象で、ややうるさく感じる。さすがに静かな場所での利用は厳しいと感じるほどの音だが、轟音というほどではなく、ハイエンドクラスのゲーミングノートPCとしては標準的な動作音と言える。, 続いてバッテリ駆動時間をチェックしてみた。10SGS-020JPには容量99.9Whという、航空機内に持ち込めるギリギリの大容量リチウムポリマーバッテリを内蔵。駆動時間は公表していないが、ハイエンドゲーミングノートPCながら比較的長時間の駆動が可能と考えられる。, 今回は、Windowsの省電力設定を「バランス」、電源モードを「より良いバッテリー」、バックライト輝度を50%、キーボードバックライトをオフ、Dragon Centerの動作モード設定を「Balanced」、無線LANを有効にした状態で、PCMark 10のBatteryテスト「PCMark 10 Battery Profile」の「Modern Office」を利用して計測したところ、3時間10分の駆動を確認した。内蔵バッテリ容量やテスト設定を考えると、やや短いという印象だが、10SGS-020JPは、もともとモバイル用途を想定しているわけではなく、それほど大きな問題とはならないだろう。, 10SGS-020JPは、15.6型ゲーミングノートPCとしては比較的コンパクトかつ軽量な筐体ながら、モバイル向けとして現役最強のIntel製CPUとNVIDIA製ディスクリートGPUを搭載することで、非常に高性能なゲーミングノートPCとして仕上がっている。ハイエンドゲーミングノートPCは大きく重いという常識を覆す、意欲的な製品と感じる。, そして、ゲーミングPCらしからぬシンプルかつシャープな筐体も特徴で、この点はMSIが10SGS-020JPをゲーミングだけでなくクリエイター用途などにも対応させたいという意図が見える。OSにWindows 10 Proを採用したり、Windows Hello対応の顔認証カメラを標準搭載するといった点も、そういった考えがあるからだろう。, そのため、とにかく最強クラスのスペックを備えるハイエンドゲーミングノートPCを探している人はもちろん、圧倒的な処理能力を備えるクリエイター向けノートPCを探している人にもお勧めできる製品だ。あとは40万円近い価格をどう考えるかだが、コストよりも性能を優先させたいなら、迷わず候補に入れるべきだろう。, キーボードが改善された「MacBook Pro 13インチ」の進化具合をじっくり堪能する, 60万円台の2画面最強ゲーミングノートがASUSから登場!

.

岡山市中区 事故 今日, 中学 音楽 箏, ぺんてる くれよん 30色, Google Home 好きな音楽, 105 リアディレイラー 5800 調整, ロッキー 車 中泊, 遊戯王 無限ループ オシリス, Jr 宝塚線 福知山線 違い, 第五人格 囚人 携帯品, クリスタ トーン サイズ, 韓国ドラマ スーツ 視聴率, 朝ドラ 新 番組 歴代, 東武カード オートチャージ 変更, Da-ice Dreamin On カラオケ, 男友達 告白された 迷う, Ps4 Vita 有線接続, 知っておきたい 日本語 コロケーション 辞典, Dod カンガルーテントm フライシート, 国領 ラーメン いしかわや, マナラ 定期 解約, ドンキ 扇風機 首かけ, お見合い写真 服装 女性 見本 30代, ズームフライ フライニット 寿命, 韓国 バラエティ キリキリ,