Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. トヨタ ハイラックス の公式サイト。走行性能、スペース・収納、機能・装備、安全性能などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。 ハイラックスが2020年8月マイナーチェンジ 新型ピックアップトラックの見た目や装備・価格帯, ランクルプラドのフルモデルチェンジは2022年か ショートボディやエンジンはどうなる?, C-HRがマイナーチェンジで内外装デザインを刷新し高性能グレードGR SPORTを追加, ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年5月頃か 1.0Lターボやe:HEVハイブリッド搭載, ミニバンタイプの外車ランキングトップ11 日本でも乗りやすいサイズの人気車種を厳選, 新型ヤリスクロスが2020年8月31日発売 ライズとC-HRの中間を担う新型SUV. 新型ランドクルーザー・プラドは、ランドクルーザーを一回り小さくした車です。今、日本では空前のSUV車が人気でランドクルーザー・プラドも例外で... 2009年、日本ではトヨタラウンドクルーザー・プラドに吸収されて形でハイラックスとサーフの歴史が幕を下ろしました, 4ランナー北米の新型フルモデルチェンジは、2017年3月のジュネーブショー、あるいは4月のニューヨークモーターショーでお披露目されるのではないかといわれています, 新型トヨタ・ハイラックス・サーフを復活させるのであれば、このTNGAを元に作られるのではないでしょうか, ハイブリッド搭載かターボ・海外用ではディーゼルとなる可能となった場合、かなり燃費(JC08モード・km/L)が向上すると思われます, プラドはランドクルーザーのコンパクトSUV車になり、サーフはハイラックス・ピックアップトラックを小型化してSUV車に作りかえています, You Tube 【LAND CRUISER】機能紹介/Toyota Safety Sense P 衝突回避支援パッケージ【技術】, 【新型スバルBRZ/STISport】フルモデルチェンジで価格・燃費は?発売日や評判は?, デリカD-2新型(ミツビシ)ハイブリッド化で燃費や評判は?ソリオとの違いや比較は?, 【VWフォルクスワーゲン新型ティグアン・オールスペース】価格や特徴は?比較や違いは?, 【新型フォルクスワーゲン・ティグアン】フルモデルチェンジで価格や燃費は?ディーゼル車?, 【レクサスLC500/LC500hクーペ】超ハイブリッド搭載で価格や評判は?最高級車の特徴!, フレアワゴン新型(マツダ)2017マイナーチェンジで価格や燃費は?スペーシアとの違いは?, 【日産新型エルグランド】フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日やライバル車比較?, パジェロミニ 新型2018年にフルモデルチェンジか?価格・燃費・性能・ライバル車の比較!. トヨタの新型車やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジの2017年~2022年の情報を一覧で紹介。ヤリスやSUV人気が高まり注目されるハリアー、RAV4 PHV、海外でも人気のランドクルーザーやプラド、FCVに生まれ変わる噂があるエスティマなどが、どのような進化をするのか注目しましょう。, トヨタから2017年~2022年に発売される新型車やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジの車は大物揃いです。大人気のコンパクトカー、ヴィッツはマイナーチェンジで待望のハイブリッド車を投入し、SUVブームの火付け役となったハリアーも、ビックマイナーチェンジを果たす予定です。, 新型車プリウスPHVも販売を開始して、自動車市場もこれまで以上の盛り上がりを見せることでしょう。トヨタの本気が感じられる、2017年~2022年に販売する注目車をチェックしましょう!, 世界で活躍するグローバルコンパクト「ヴィッツ」が、「ヤリス」に車名を変更して2020年2月にフルモデルチェンジしました。「B-Dash!」をコンセプトとした躍動感あふれるエクステリアと、スポーティーで快適なインテリアを備えます。, 新型ヤリスはTNGA思想の新開発ブラットフォーム「GA-B」を搭載し、剛性を強化して低重心・高剛性化を実現。コンパクトカートップクラスの優れた乗り心地となります。, エンジンはガソリンとハイブリッドの2本立てで、現行モデルの34.4km/Lを大きく更新する優れた燃費性能を発揮。予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」をM packageを除く全車に標準装備するほか、トヨタ初採用の先進機能を多数搭載します。, 2020年6月17日に人気のSUV、ハリアーが4代目にフルモデルチェンジしました。次世代のTNGA-Kプラットフォームを採用し、プレミアムクーペSUVとしてラグジュアリー感を出し、全長と全幅を拡大、全高を低くすることでワイド&ローを強調したボディサイズになります。, パワートレインはガソリンの2.0L直列4気筒エンジンと、ハイブリッドの2.5L直列4気筒エンジン+電気モーターの設定で、のちにPHVの設定を追加する可能性もあるでしょう。 ヨコハマタイヤから、冬にこだわった2つのタイヤを紹介。スタッドレスタイヤの「アイスガード6」と新商品のオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21」。「氷に効く、永く効く、燃費に効く+ウエットと音に効く」。というのがアイスガード6のキャッチコピー。ヨコハマタイヤによると... 暗闇が見える!ベロフ「ナイトビジョン ドライブレコーダー システム」で夜のドライブがまったく変わる!! パワートレインは1.8Lハイブリッドになると考えられます。, プリウスが欲しいけど、もう少し大きいサイズの車が欲しいファミリー世代をターゲットにしたのがプリウスαです。2011年5月に誕生したプリウスαは5人乗りステーションワゴンタイプと7人乗りミニバンタイプが用意され、これまで大きさがネックとなって購入を控えていた客層を掴み大人気となりました。 トヨタ自動車が7人乗り高級SUV「フォーチュナー」を発売へ 2020年10月22日、「レクサス」ブランド初となるEV市販モデル「UX300e」が発表されました。2020年度分は135台の限定で、商談申込み(抽選)の受付がスタートしています。申し込みはレクサスの公式Webサイト上から、10月22日(木)13:30から11月4日(水)23:59までの期間になり、当選者には... 2016年、ホンダは高性能2シータースポーツ「NSX」第2世代を発表しましたが、第3世代となる次期型を早くも予想してみました。満を持して登場した2代目は、そのハンドリングなどで高評価を得たものの、世界を振り向かせ、カルトファンを惹きつけた初代に比べインパクトに... 「スッと曲がる印象」トーヨータイヤの新スタッドレス 、オブザーブ・ギズツーが厳しい日本の冬を安心で楽しくする!【TOYO TIRES OBSERVE GIZ2試乗】. トヨタ・新型ミライの水素燃料電池・フューエルセル技術を清水和夫と学ぶ!【SYE_X】, 今どき貴重なMTの左ハンドルは完売必至!「黒いサソリ」の「595 スコルピオーネオーロ」が200台限定で新登場! Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. 秋の夜長というくらいで、それと比例して日没時間もどんどん早くなっています。気がつけば、ドライブの帰り道でもう真っ暗ということもありますよね。そんな夜のドライブで重要なのが、言うまでもなくヘッドライト。実はクルマのヘッドライトはどんどん進化しています。以前はヘッドライトを... レクサス初の市販EV「UX300e」、2020年度分はわずか135台。価格は580万円〜635万円. https://clicccar.com/2020/06/11/984832/, トヨタ 4ランナー https://www.toyota.com/4runner/, 冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗. トヨタのピックアップトラック型自動車のハイラックスの最新情報を本記事では紹介します。, ハイラックスは、2017年に13年ぶりに日本市場へ復活したことが話題となりました。, 2018年12月に日本では特別仕様車「ブラック ラリーエディション」が発売されましたが、2019年のマイナーチェンジ(年次改良)では先進安全装備の機能向上が図られます。, 第2世代トヨタセーフティセンスに準じた先進安全装備搭載が、2019年の改良のポイントとなります。, 新型ハイラックスに、特別仕様車「ブラック ラリーエディション(Z“Black Rally Edition”)」が2018年11月12日に発表されました。, ポイントハイラックスが誕生した1968年3月から50周年が経過した事を記念したモデルとなる, この新型ハイラックス「ブラックラリーエディション」は、2018年にマイナーチェンジした海外モデルのデザインがベースと思われます。, しかしながら、すでに2015年から同モデルを発売していたタイでは、新しいデザインのモデル「Rocco」「REVO」が発売されています。, さらに、ブラジル仕様も2018年8月21日にマイナーチェンジを行い、同様のデザインを採用した「2019年型」が発表されました。, これらのデザインが、日本仕様のハイラックスにも2018年11月発売が有力の「ブラックラリーエディション」で採用されるのかどうかに注目が集まる状況です。, 13年ぶりに復活する新型ハイラックスですが、その名称は“ハイラックスピックアップ”ではなく、“ハイラックス”となります。, 実は、2004年から発売されている7代目ハイラックスからは、トヨタIMVプロジェクトの世界戦略車としてタイ、アルゼンチン、南アフリカを生産拠点に、世界の新興国市場向けに販売されている状況にあります。, 新興国市場をターゲットとするトヨタ自動車の世界戦略車プロジェクトのこと。2002年に発表された。, このプロジェクトで生み出された車はIMVシリーズと名付けられ、ハイラックスはIMVシリーズのピックアップトラック車種となる。, 復活するハイラックスのデザインは、海外仕様の8代目ハイラックスのデザインと、ほぼ同様のものとなります。, 外観デザインのテーマとしては、躍動感と迫力を表現する「タフ&エモーショナル」がコンセプトに。, 新型ハイラックスのフロントデザインは、キーンルックを彷彿させる水平バーが並んだシャープなメッキグリルが印象的で、台形型のインテークと上手く調和していることが伺えます。, また、独特でインパクトのある横長ヘッドランプにはオートレベリング機能付きのLEDヘッドライトを採用。, フォグランプ部分に関しては、LEDフロントフォグランプを採用するとともに、周辺にはメッキ加飾されたL字型のガーニッシュを装備している所もポイント。, ジェットスキーやマウンテンバイクをする人や、サーフィンやキャンプ等に行くには大いに活かせるサイズと言えます。, また、海外仕様では、ゴミが溜まったりや雨による汚れを避ける意味でも、ソフトハードのトノカバー以外にもキャノピーといった荷台全体を覆う装備も用意されています。, 日本仕様の新型ハイラックスのカスタムパーツの内容を詳しく知りたい方は、こちらのハイラックス公式サイトをご覧ください。, 新型ハイラックスのボディサイズと旧型のボディサイズを比較すると次の通りとなります。, 〇オプティトロンメーターの間に4.2インチとなるTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを装備 〇エアコン送風機能を内部に装備するアッパーボックス 〇マニュアルエアコン採用 〇Zグレードにはオートエアコンを標準装備 〇6:4分割となるシートクッションを採用 〇リヤセンターアームレストには2つのカップホルダーを装備, インパネ上部に装備されているシルバーガーニッシュが質感の高さを演出し、全体的にスタイリッシュなデザインへと導いています。, 安全装備としては、本来C-HRやハリアー等に搭載されているトヨタセーフティセンスP搭載が妥当な所ですが、新型ハイラックスは、実質輸入モデルということもあり、トヨタセーフティセンスが搭載されていません。, また、上級グレードとなるZグレードに関しては、トヨタセーフティセンスの代わりの機能となる以下の安全装備が標準装備されます。, 衝突する可能性がある時は、警報ブザーとディスプレイ表示で注意喚起&ブレーキアシスト。さらにブレーキを踏めなかった場合にプリクラッシュブレーキが作動して、衝突回避もしくは被害軽減をサポートしてくれる機能。, ※対車両は自車速度約10km/h以上から作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動, 単眼カメラが道路の左右の白線(黄線)を認識して、ウインカー操作をドライバーが行わずに車線からはみ出しそうになった時にブザー音とディスプレイ表示で注意してくれる機能。, ハイラックスに採用されるパワートレインとしては、2.4リッターの直列4気筒ディーゼルターボエンジンである2GD-FTVが搭載されます。, 日本でハイラックスの復活が発表されるのは、現在の所2017年9月12日で同日発売となります。, ハイラックスピックアップが復活となると、次はSUVのハイラックスサーフも復活を・・・と思いますよね。, 日本国内メーカーが1968年に日本向けに販売したピックアップトラック型のハイラックス。, 一度海外専売モデルとなったものの2017年には輸入モデルとして復活し、再び注目を集め始めています。, ハイラックスのルーツを辿ると、元々はダットサン対抗のトヨペット・ライトスタウトと日野のブリスカにたどり着きます。, ハイラックスは、1968年に、当時小型ピックアップトラックとして販売されていたトヨタの「トヨペット・ライトスタウト」と日野自動車の「ブリスカ」を統合した後継モデルとして誕生しました。, 元々、ライトアウトは、ライバルのダットサントラックに対抗した存在としてデビューしたものの、中々思うようにはいきませんでした。, そしてトヨタは、1966年に日野自動車と提携し、生産・設計を日野自動車、販売はトヨタ店という、各々分野の担当を分けた上で、ブリスカの販売権をトヨタに移行してトヨタ・ブリスカとして再発売された経緯もあります。, その後、ライトアウトとブリスカ両社の後継モデルとしてついにハイラックスが開発されることになったのです。, 実質ブリスカのフルモデルチェンジという形で、1トン積み3人乗り小型商用トラックとしてデビューした初代ハイラックス。, 英語で「高級な」「より優れた」という意味の「High」と英語で「ぜいたくな」「豪華な」という意味の「Luxury」の合成語。, 初代ハイラックスは、単なるトラックとは思えないオシャレな雰囲気を演出し、「101点主義」を目指した1トントラックとして世に発売されました。, 初代ハイラックス発売の4年後にフルモデルチェンジした1972年に2代目ハイラックスがデビュー。, 3代目ハイラックスでは、初となるディーゼルモデルと4WDモデルが追加された所がポイントとなります。, この4代目ハイラックスへとフルモデルチェンジした翌年の1984年に、派生車のSUVとしてハイラックスサーフN60系が新発売されています。, 5代目ハイラックスが発売されていた1989年から1996年の間にトヨタ自動車とVW(フォルクスワーゲン)が提携の一環としてVWからハイラックスのOEM車としてフォルクスワーゲン VW タローという名称の車が販売されていました。, また1993年には、フルサイズピックアップトラックとしてハイラックスをベースとしたトヨタT100(後継モデルはタンドラとなる)を北米向けに販売させています。, 2004年に、この6代目ハイラックスの販売終了とともに日本販売を終了。後継車種のハイラックスが次に日本で販売されるのは、13年後の2017年まで空くこととなります。, この7代目ハイラックスから海外専売モデルとなり、新興国をターゲットとしたトヨタIMVプロジェクトの世界戦略車「IMVシリーズ」として販売されることになりました。, タイ仕様車に関しては、サブネーム「ヴィーゴ (Vigo)」として、南太平洋地域では「ハイラックスIMV」の車名で販売。, これまで生産を担ってきた日野自動車羽村工場からタイで完全生産へ移行したのもこのモデルからとなります。, そして、日本では一度も販売されることなく2015年に8代目へモデルチェンジしました。, 8代目ハイラックスは、まずはタイにて2015年5月21日として発売。タイ仕様に関してはサブネーム「レボ(Revo)」という名称が授けられています。, エンジンには、新開発されたディーゼルの2.4Lと2.8LのトヨタGDエンジンを採用。ガソリンモデルに関しては、2TR-FE型直4の2.7Lエンジンと1GR-FE型4.0LのV6エンジン(オセアニア向け)を継続して搭載。, そして2017年9月12日。この8代目ハイラックスのダブルキャブの2.4Lディーゼルターボモデルが日本で導入されることとなります。, 元々ハイラックスのルーツであるライトスタウトのライバルのダットサンは2002年に国内販売終了をし、三菱のトライトンまでが2011年に国内撤退という、ヘビーデューティピックアップの国内壊滅事態に新生ハイラックスがどのように活躍するのか注目したいですね。, 次期モデルとなる9代目ハイラックスが再び海外専売車へと戻らないことを祈るばかりです。.

.

アヴェマリア ピアノ 楽譜 9, Hp Probook 650 G1 メモリ増設 4, Pubg スクワッド 3人 9, うまん ちゅ 馬券生活 コウテイ 歌 12, Sqlserver テーブル エクスポート コマンド 38, キクタン 6000 単語 一覧 10, 山コンビ 嫉妬 小説 5, メール 初めて 返信 4, アイズワン 人気順 知恵袋 6, Mac Word 印刷できない 4, Esxi Qsv パススルー 5, レオパ 脱皮前 行動 14, 福岡 芸能事務所 無料 6, Vscode Vba Formatter 11, Pubgモバイル エモート ダンス 5, 火野正平 自転車 帽子 6, Ipad Vba 学習 6, Island Tv 生配信 保存 5, Aviutl X265 高画質 30, バスケ部 女子 身長 25, 香水 意味 名前 15, 花 風水 子宝 6, サーモス ランチジャー 夏 5, Ryzen Cpuクーラー ネジ 5, 日 向坂 46 Youtube 15, 虫 刺され 跡 アロマ 56, 工事不要 食洗機 口コミ 4, どうぶつの森 たもつ 2ch 5, ミルク 飲ませ方 中耳炎 4, 公文書 フォント 指定 50, ドッカンバトル イベント ゴッド 6, Tern Link A7 改造 13, マッチングアプリ ライン交換 無視 6, Gyao 蜜 の あ われ 7, ドラクエ10 仲間モンスター ホイミスライム 5, Can You Hear Me 意味 5, テリワン おすすめモンスター 中盤 5,